スポンサーリンク

フォートナイト Ryzen 5 3600とGTX1660superでフレームレート検証【チャプター2 シーズン4】

Ryzen 5 3600とGTX1660SUPERの組み合わせで実際にフォートナイトをプレイしてfpsデータを取ったのでまとめます!

スポンサーリンク

使用スペック

 

CPURyzen 5 3600(定格)
グラフィックボードPalit GTX1660super(定格)
メモリ16GB(8GB×2 DDR-4 2666MHz→OC3200MHz)

CPU、GPUは定格で、メモリのみ3200MHzまでオーバークロックしています。

スポンサーリンク

Ryzen 5 3600とGTX1660superで実際にプレイ

DX11版

DX12版

現状フォートナイトはDX11と12でパフォーマンスが大きく変わることがあります。

今回はよりフレームレートが出たDX12をベースに記載していきます。

関連記事 フォートナイトにおすすめのゲーミングPC

フレームレートデータ

プレイ中に無作為に3分間のfpsの動きをグラフ化しました。

低設定と競技設定は200fpsオーバーが多く非常に良いパフォーマンスを発揮。

一方、高設定(影無し)は場面によっては100~120fps付近まで落ちることが分かります。

低設定

平均239.7fps

高フレームレートを出しにくいRyzenでも平均でほぼ240fps出せるのでかなり良い構成です。

実際のプレイでも特に急なfpsの下落など無く、安定して240fps環境で運用できました。

ボックスファイトのようなfpsが下がりやすい状態でも200fps以上で維持できたため、ソロ専の方はこのGTX1660superでDX12運用が最適かと思います。

たこやん
たこやん

僕の環境ではDX12のままトリオなどでパーティを組むと、fpsは出てるのにガクガクしたりカクついたりするので、DX11とうまく使い分けると良いですね。

競技設定

平均249.5fps

低設定と変わらず平均240fpsレベルで出るので描画距離は好みで設定してOKです。

描画距離を上げてるのに低設定より出ているのは状況による誤差なので「基本的には低設定の方が出るけどほぼ変わらない」と思って大丈夫です。

高設定(影無し)

平均150.1fps

状況によっては100fps付近まで下がっているものの、平均で見ると144fspを越えているので充分ゲーミングモニターを活かせるパフォーマンスがあります。

個人的に高設定は見辛いので好かないですが、影以外高設定でやりたい方にとっても良い構成ですね。

関連記事 フォートナイトにおすすめのゲーミングPC

スポンサーリンク

まとめ

フルHD
(1920×1080)
60fps120fps144fps240fps
低設定
競技設定
高設定
(影無し)
×

影をオフにすれば他の設定を自由に上げ下げしても144fps以上でプレイできるので、とてもコスパ良く優秀な組み合わせだと思っています。

注意する点としては、フォートナイトの低設定や競技設定ではメモリのクロック数が大きく影響してくるので、BTOショップなどで購入する場合はメモリクロック数も確認しておきましょう。

2666MHzだった場合は自分でオーバークロックしてあげると良いと思います。

Ryzen 5 3600はデフォルトで3200MHzまでサポートされていますし、簡単に上げることが可能です。

GTX1660super搭載のPC

LEVEL-M0B4-R53-RJS-DQX

販売店パソコン工房
価格98,978円(税込み)
CPURyzen 5 3600
グラフィックボードGTX1660super
メモリ16GB(8GB×2 DDR4-2666)

詳細はこちら

 

GALLERIA RM5C-G60S

販売店ドスパラ
価格109,978円(税込み)
CPUIntel Core i5-10400F
グラフィックボードGTX1660super
メモリ16GB(8GB×2 DDR4-2666)

詳細はこちら

 

GC-A5G16M AG-AR6B45MGT6-A32

販売店ARK(アーク)
価格109,800円(税込み)
CPURyzen 5 3600
グラフィックボードGTX1660super
メモリ16GB(8GB×2 DDR4-3200)

詳細はこちら

関連記事 フォートナイトにおすすめのゲーミングPC

タイトルとURLをコピーしました